医療を志す理由

医療関係の仕事をしたいと思っている人は多いです。たとえば看護師やレントゲン技師、医者など医療といってもさまざま分野の仕事がありますが、人の命に携わる仕事ですから、志望大学にはいるときはかなりの勉強が必要です。
その中でももっとも過酷なのが医学部です。医学部には国立や私立大学がありますが、いずれにしても相当量の勉強と運がないと大学にはいることができません。

やっと大学にはいったとしてとしても、のんびりしている余裕などありません。実習や日々の勉強、試験と休むことがないくらいですからむしろ大学受験のときのようが余裕があったかもしれないと思うくらいです。

でも医師や看護師、レントゲン技師とありますが、それぞれの仕事になりたいと思った動機は、だれかの役に立ちたいとか、子供のころに自分が病弱で助けてもらったから今度は自分が役にたちたいと思う気持ちが多いです。
単純に収入がほかの仕事よりもいいとか、社会的に安定していうという動機ではないはずです。

そんな生半可な気持ちでは、到底務まらないくらいの努力が必要な仕事が医療関係の仕事なのです。医師や看護師になっても、ずっと努力をし続ける仕事ですから、他の職種にくらべて収入がいいのは当たり前です。